スペシャリストのすすめ

自分だけの生態学的ニッチで生きる

病気になる原因は「肉食」という幻想

アラスカやグリーンランドに暮らすイヌイットという人々の食生活は、私たちとはかなり違います。極寒の地で生活しているのですから、お米も小麦も育ちません。穀物を栽培して収穫し食すということがない点、彼らはどのような食生活を送っているのかは興味深いです。

江部康二『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版』(東洋経済、2014年)に、イヌイットの食生活について紹介されていたので参照してみました。彼らの食べ物のほとんどは、狩猟の獲物である肉や魚だそうです。少量の山菜や果物、海藻なども食べるようですが、基本的にタンパク質と脂質である、肉と魚になります。結果的にイヌイットの食生活は究極の糖質制限食になっており、それが何千年も続いているそうです。

1960年代にデンマークの研究者が、デンマークグリーンランドの村のイヌイットについて調査研究をしています。この調査の当初、これほど高たんぱく、高脂質の食事では、さぞかし心疾患などの血管性の病気が多いだろうと予想されていましたが、結果は異なりました。デンマーク人よりもイヌイットのほうがはるかに心疾患による死亡が少ないということがわかったのです。

アザラシの肉などを食べているイヌイットは、デンマーク人よりも偏った食事をしているはずなのになぜでしょう。しかも、その他、脳梗塞血栓症動脈硬化などの血管の病変や、ガンや糖尿病に至るまで、イヌイットでは極めて少ないということでした。

江部氏は次のように仮定します。人類のスタートを二足歩行をはじめた猿人から数えると、700万年の歴史があるわけですが、農耕による穀物栽培を開始したのが1万年前になり、結局、669万年の間は、狩りをして食料を獲得していたことになります。そうすると、基本的に肉や魚がメインの食事を長年続けてきた人類の体は、イヌイットのような食生活に馴染んでいるのかもしれないのです。

また、日本人も同様で、米の栽培がはじまったのは、約2,500年前の弥生時代で、それ以前の縄文時代穀物を常食していません。縄文時代の食生活の内容は、木の実、魚、果物、野菜、小動物などといったものが中心でした。江部氏が主張したい点は、このような食生活では、糖質の多いものを食べて血糖値を上昇させることなどなかったはずだといいます。そして、本のタイトルにもなっている主食であるお米を抜いた糖質制限食で糖尿病は治るということを提言するわけです。

私自身、糖尿病とはまったく無縁でありますが、この主張は理にかなっているようで興味深いです。日本の現代人の食生活が欧米化し、肉を多く食べるようになったから病気が増えたなどといわれることが多いですが、しっかり研究すると肉よりもお米のほうに問題があるのかもしれないと思いました。「日本人ならお米を食べなければ!」などといいますが、お米を食べるようになったのも、この2,500年程度で、もっと長い歴史で人類の食を捉えると、新しい発見があるのは間違いないように思います。

「本の出版」は能力以上に財力か

博士論文もほぼ完成したので、来年に向けて書籍化をしようといくつか出版社をあたりました。学術書になるとはいえ、自分の専門分野で、最も自信がある内容なので、どこかの出版社が自己負担なしで出版してくれると思っていました。しかし合計26社に問い合わせた結果、難易度はかなり高いということが理解できました。

前二作は、自己負担することなく出版できたのは、とてもラッキーでした。タイミングとか人のつながりもあったのでしょう。しかし今回は非常に厳しい。実質、一作目の改訂増補版ということもあるかもしれません。一般的に改訂増補版は販売部数が減るようです。さらに資材の高騰で製作費の単価も上がっているようです。もちろん、本を読む人の数も減っています。

そこで出版企画書を自分で作り、想定される読者層や市場、10年経過しても陳腐化しない特殊な内容であること、自分がセミナーや研修をすることで販促できること、また、学術書でありながら、実務家向けにも十分役立つ内容であることをアピールしました。

まるで営業マンのような売込みをしたにもかかわらず、まだよい反応は得られていません。たとえば、自分が100冊買取るという条件が付くことがあります。100冊買取っても献本する先はそんなにありません。また、どうやって配布するのか、在庫はどうするのか困ります。また、製作費が150万円かかるので出版助成金を受けてみてはどうかという提案もあります。しかし出版助成金は製作費の半額のケースが多く、75万円の助成金を得ても、75万円は自己負担です。

さらに、学術書の出版で著名なところからは、返事すらありません。誰もが知っている出版社なので、著名な大学教授からの受注でいっぱいなのでしょう。26社のうち7社から8社は音沙汰無しです。そう考えると、むしろ返事をいただけるだけありがたいことかもしれません。おそらく学術書の業界は狭いので、ネガティブな評判が立つのを避ける意味でも、一応返事はするということかもしれません。これが一般書の世界ですと、10社問い合わせして10社返答無しということもあり、もっと厳しいと思います。返事がきたかと思えば、300万円の自己負担で出版できます、という自費出版の話だったりします。

このような経緯から感じることは、書籍の出版は能力以上に財力が必要なのではないかということ。最低限の水準さえ維持しておいて、あとは製作費を支払える財力があれば、誰でも書籍は出版できる。一方で、能力はあっても財力がないために出版できていない人はいっぱいいるのではないでしょうか。おそらく埋もれいている良質な原稿は結構あるのだと思います。

本当は出版社の編集部が原稿の中身を吟味して、どこまで販売部数を伸ばせるか評価し、リスクを取って出版するというのが本来の出版の形なのではないでしょうか。しかし利益も求められ、スピードも必要になっているため、編集部もそのようなことをしていられない。結果、編集部の目利きの能力も落ちてしまい、職人のようにリスクを取って出版できる人もいなくなったのかもしれません。昔の事情はよく知りませんが、ますます出版業界の環境は厳しくなるので、書籍を出版したい人にとっては逆風であることは間違いありません。

地球環境にやさしいと言いながら環境破壊

独立系メディアのIWBに掲載されている、山肌全面に敷設された太陽光発電パネルの動画を視ると本当に悲しくなります。地球環境を守るといいながら、明らかに地球環境を破壊しているからです。温暖化商人には良心の呵責というものはないのだろうか、とも思いますが、やはりお金の力には抗しきれいないのでしょう。

People like the idea of solar farms in the abstract, but hundreds of communities around the world are currently fighting them because they require 300-600x more land than other energy sources, produce 300x more toxic waste, and devastate critical wildlife habitats. – Investment Watch (investmentwatchblog.com)

太陽光発電は他のエネルギー源の300〜600倍の土地を必要とし、300倍の有害廃棄物を出し、重要な野生生物の生息地を荒廃させるため、現在世界中の何百もの地域が反対していると指摘します。そして、太陽光パネルやバッテリーは、貧しいアフリカの国に廃棄されているといいます。これではどこが地球にやさしいのかわかりません。

渡辺正『「地球温暖化」狂騒曲』(丸善、2018年)でも同じこを指摘しています。渡辺氏は環境科学の研究者です。太陽光発電はパネルを敷き、風車を建て、送電線を引くときは、森林や草原を更地にしなければなりません。そして、植生を減らせば地面の保水力は落ち、大雨のときには土砂崩れや洪水の被害が増えます。

風力発電ですと、風車が住宅地に近ければ低周波ノイズが住民の安眠を妨げます。ま た、風車の羽にぶつかって死ぬ鳥やコウモリも多く、アメリカの野生生物協会が発表したデータによれば、2012年の1年間に風車が殺した総数は、鳥が約57万羽で、コウモリが約88万羽だそうです。

そんな太陽光発電風力発電が環境にやさしいはずがありません。小学生でもわかりそうな結論ですが、大人はそうではありません。温暖化商人というのは、地球環境よりも大切なお金があるからでしょう。

科学的に分析しても、東京都が使う電力を全部太陽光発電でまかなおうとすると、太陽光パネルや蓄電設備などのスペースを考えると、東京23区すべてを発電施設にしなければならないそうです。また、イギリスが2040年までにガソリン車とディーゼル車を全廃すると宣言しているそうですが、全部が電気自動車になったとして、その電気を風車だけでまかなうとすると、風車と付属の蓄電設備などが必要になり、ポルトガル全土に近い面積が必要になるそうです。

再生可能エネルギーには、実は「百害あって一利なし」という側面があるかもしれないことをじっくり考えてみたほうがよさそうです。温暖化商人に騙されて、彼らに協力するような愚だけは避けたいと思いました。

小学生の理科と算数で地球温暖化を検証

わが国の温暖化対策では、毎年膨大な費用が計上されています。もとをたどれば、それは私たちの税金なわけです。使い道として温暖化対策に巨額の資金を投入することが正しいのか大いに疑問です。渡辺正『「地球温暖化」狂騒曲』(丸善、2018年)によると、2017年は約5兆円が使われたそうです。これは、2018年度国家予算に計上された防衛費とほぼ同額です。一方でその効果についは検証は難しく、ただ補助金などで潤った企業があるだけというのが実態ではないでしょうか。

環境科学が専門の渡辺氏の基本的見解は、人為的な活動が地球温暖化に大きく影響はしていないというものです。そもそも過去に二酸化炭素が気温をどれだけ上げて、今後いくら上げそうかというのは不明であり、科学的にも証明は困難といいます。そして、人為的な二酸化炭素排出が異常気象を増やした証拠はないし、海面を上昇させた形跡もほとんどありません。仮に人為的活動による二酸化炭素の排出が要因となり、気温が上昇するとしても、人類にとってプラスのことが多いそうです。大気に増える二酸化炭素は植物をよく育て、地球の緑化を進めて食料を増やします。これなどは小学生の理科の知識でも十分理解できます。また、植物の生育に望ましいばかりか、私たちの暮らしも助けます。たとえば、暖かい季節ほど死亡率は低く、冬が暖かければ暖房費も減ります。

環境問題の対策には予防と事後対応の二つがあります。地球温暖化であれば、二酸化炭素の排出削減が予防で、海面が上がったときの護岸工事などが事後対応になるでしょう。しかし、温暖化対策の予防の場合、つぎ込む資源、たとえばお金、時間、労力が桁違いに多いばかりか、実効がほとんど見込めません。渡辺氏が強調するのは、予防手段のうちには、一部の人々が潤い、ほか大多数が損をするものがあることです。

そして、渡辺氏の分析によると、2013年から2030年の18年間において、わが国で温暖化対策に80兆円使って0.001℃以下の成果しかないという結果になります。すなわち、EUのデータによると、2015年の世界の二酸化炭素排出量は全世界の3.5%しかありません。そして、IPCCのデータによると、直近100年で1.5℃上昇しており、そのままの勢いでいくと、2013年~2030年の18年間に地球の気温は0.27℃上がる計算になります。人為的二酸化炭素の寄与度が仮に0.27℃の半分強で0.15℃と仮定してみます。世界全体で3.5%しか二酸化炭素を排出しない日本が、パリ協定で目標設定した21.9%の排出削減を実現すると、地球を冷やす効果は、「0.15℃×0.035(全世界の日本の二酸化炭素排出量)×0.219(パリ協定の日本の削減目標)」になります。つまり、0.001℃に過ぎません。この計算であれば小学生の算数の知識でも十分わかります。

この0.001℃下げるために80兆円の対策費が必要であろうかというこが問題提起されるわけですが、もちろん答えは不要です。なぜ立派な大人が、小学生の理科と算数でもわかる道理を間違えるのでしょう。それは間違えているのではなく、裏には金儲けのための情報操作や印象操作があるのかもしれません。温暖化対策には、私たちの税金が使われています。そのことを踏まえて、私たち一人ひとりが小学生の理科と算数の知識をフル活用してこの対策の意義を再度検証したほうがよいのではないかと思います。

「糖質制限」説を封じ込める医学会

最近でこそ「糖質制限」という考え方が市民権を得てきているようにみえ、書籍もいくつか出版されています。しかし当初は、たとえば、妊娠糖尿病などの治療に糖質制限などと言おうものなら、医学会などでは大変な剣幕で怒鳴られたそうです。そのような経験を披露されるのは、医師の宗田哲男氏で、ご本人の著書『ケトン体が人類を救う』(光文社新書、2015年)に経緯が詳述されています。

宗田氏は研究者仲間と実証研究の結果を学会で発表しようと試みます。内容は、妊婦の糖尿病に対して糖質を制限することによって病気が治癒したというものです。お米やパンを食べずに、肉などを食べるということを実践します。その効果を計測した結果、とても肯定的な成果が得られています。糖質にあたる米やパンをやめると、速やかに血糖値は下がるという至って簡単なことですが、これが学会では不評で、それどころか脅しや妨害が入るというのです。

一般的に糖尿病患者には、カロリーが高いから肉や油は少なくしなさいと指導しますが、宗田氏の研究結果からするとまったく無意味だということになっています。今までの理論を覆す糖質制限による治療は、過去の理論を実践してきた医師や研究者にとっては受け入れ難かったのでしょう。それだけならまだしも、その人たちが宗田氏らの研究成果を潰しにかかったというのは残念でもあり、予想できることでもあります。

実際、2013年の日本糖尿病・妊娠学会では、宗田氏らの研究の発表機会は提供されず、ポスターセッションという簡易な数分の発表が許されただけということです。しかもその発表の最中に学会長以下100人もの群衆が押し寄せて「ケトン体が高いと知能が低下する!」、「妊婦に糖質制限などやって、どう責任をとるのか!」、「こいつらを倫理委員会にかけろ!」、「処罰しろ!」というヤジが飛んだそうです。学会会長も大声を出して怒鳴り込んできといいます。

糖質制限やケトン体については、とても重要な内容ですが、話が複雑になるので説明は別の機会にゆずります。問題は、この宗田氏の学会での経験が事実であるなら、学問の発展の可能性を摘む行為となります。まったく品格のかけらも感じさせない学会員たちの行為を知ると、私などはその人たちの見解は信じるに値しないのではないかと思ってしまいます。誰もが未知の世界に対して心を開いていない限り、医学の発展はないと考えるからです。

それにしても、過去に出来上がった多数説はなかなか崩すことができません。理由はその説をベースにして、治療法や医薬が開発されて実践され、製薬会社からも多額のお金が投入されているわけで、今さら過去の治療法が意味がありませんでした、とはいえないからかもしれません。

仮に過去の治療法も正しかったとして、新しい発見をして学会で発表しようとする人を威圧し、その説を封じ込めるようなことが医学の世界で起きていいのかと疑問に思います。一般に人からすると、医学会の人たちは、人一倍勉強して、人類の発展のために研究に没頭する立派な方々というイメージがあると思います。しかし現実は、宗田氏が経験したような、半分暴力団のような人たちが医学の世界にもいるということでしょう。もちろん良識があり謙虚で、人の意見も良く尊重する人もいっぱいいるとは思いますが、意外にも(想定通り?)「先生」と呼ばれる人たちの本性はこのような場面で現れるものだと思いました。

江戸は偶然にも持続可能社会だった

江戸という街は当時としては、とても持続可能な循環社会を実現していたそうです。ときどきそのような情報に接していたものの、あまり深く調べることもありませんでした。今回偶然、池田清彦SDGsの大嘘』(宝島社新書、2022年)を読んで、江戸が当時としては最先端の街であったことを理解しました。

特筆すべきは、人間の糞尿を肥料として活用していた点です。こんな都市は当時ヨーロッパに存在していませんでした。たしかに昔の日本の農村には、人間の糞尿を溜めておく肥溜めがありました。糞尿を発酵させることで良質な窒素肥料ができます。実は人間というのは、それほど消化吸収能力が高くないので、人糞の半分は脱落した腸壁や腸内細菌の死骸などで、もう半分は消化できなかった食べ物の残りかすになります。つまり人糞にはまだまだ栄養が残っている。それを発酵させたものが「下肥(しもごえ)」というものだそうです。

この下肥を畑に撒くことで、作物がたくさんとれる。その作物を人々が食べて、また排泄したものを下肥にして作物を育てる。たしかに循環しています。このサイクルで、当時、世界最大の人口を誇っていた巨大都市の江戸は成り立っていたそうです。

このような下肥の話をすると「不衛生だ」という意見もでるかもしれませんが、当時のヨーロッパでは排泄物はそのまま道に流していました。たとえば、今でもフランスの街並みをみてください。道路の石畳を見ると中央がへこんでいて、排泄物が中央の溝を流れるようになっていたことをうかがわせます。それに比べれば江戸の街のほうがはるかに衛生的といえるでしょう。ヨーロッパに比べて伝染病も少なかったのもうなずけます。

さらに、江戸において世界最先端のSDGsを実践していたことを示すのが「江戸前の海」、つまり東京湾だそうです。江戸時代に環境保護などという発想がないので、生活で出たごみは東京湾に流されました。しかし、今みたいにプラスチックなどなく、すべては有機物なので、それが栄養になる。東京湾に適度な量の有機物が入れば、プランクトンが発生し、それで魚も増えるということで、人々の豊かな漁場となったということです。

そして、人々は肉を食べずに魚を食べていたので、家畜を育てるための飼料も不要で、その点でも持続可能であったといいます。広大な牧草地を必要とすると、牧草地を広げるために環境破壊も起きる、天候不順になると飼料も作れないので、飢餓のリスクも高まります。その点、魚は海に任せておけば自然に育ち、人々は漁をするだけでいいのですから簡単です。

江戸の人が意識が高かったとか、環境保護を考えたとかは一切ないと思いますが、いろいろな要素や偶然が重なり、持続可能な社会ができあがったのかもしれません。もっと深く知りたくなりました。

池田氏は、遺伝子組換え食品や培養肉に賛成なようで、その点、私はまだ懐疑的なのですが、江戸の街に対する分析には共感できる点が多くありました。江戸の研究の入口としては大いに参考になります。

『ワクチンの境界』から学ぶ全体主義の正体

國部克彦教授から『ワクチンの境界』(アメージング出版、2022年)を恵贈いただきました。社会のシステム論的な考察も織り交ぜ、倫理的視点からパンデミックにおける今回のワクチン問題を論じています。おそらく、5年後あるいは10年後に読み返しても、私たちの思考の整理に有用である内容で、ワクチン以外の様々な課題に応用が効きます。そして、人類が全体主義に支配されないためにも、いったんは踏みとどまって、本書で論じられている自問自答の作業は、誰にも必要なことではないかと思いました。

まず、社会を支配する権力は、ときに「あなたのため」とか「社会のため」というような、批判しにくいキーワードを使って、私たちの内奥まで進入してくるといいます。専門家の中にも「利他」を押し付けてきた人が多くいます。ある専門家は「接種する自身よりも利他的な意義が大きいということを子どもに理解してもらった上で接種を検討しなければなりません」と述べています。

國部氏はこの点について、他者のためにリスクを許容せよというのは、自分も相手にとっては他者の一人なので、自分のために相手にリスクを許容しろという、最も「利己的」な行為と同じであることを強調します。

おそらく、利他を強調してワクチンやマスクを強要する人々の思考は、ある種の正義感に酔いしれているので、自らの根底にある利己的な部分には気づいていない、あるいは気づいても黙殺しているといことかもしれません。そもそも、子どもにそのような理解を押し付ける残酷さには驚きますが、これが権力の常套手段の一つなのでしょう。しかも、本書が執筆された時点では明らかになっていませんでしたが、その後、ファイザー社はEU公聴会において、感染防止効果に関する試験は行っていないということを証言していますので、感染防止を根拠に議論を展開した専門家の理論は、認識不足だったことになります。しかし、その後訂正したり、自分の発言の根拠が薄弱であったということを認めた専門家は一人もいないのではないでしょうか。

また、本書では、19世紀のイギリスの数学者である、ウィリアム・クリフォードの『信念の倫理』というエッセイを引用し、私たちの「調べる義務」について論じます。私たちは何かを信じる前に、徹底的に調べる義務があるといいます。なぜなら、私たちの信念は他者に影響を及ぼし得る人類共通の財産だからです。人類として子孫への責務を果たすためにも、私たちは調べる義務を負うということです。もしその信念が大きく誤っていた場合は、子孫にも負債を残すことになるでしょう。しかし現実には、私たちは権威や専門家に弱く、調べる労力を省くために、安易に根拠が脆弱な結論にすがってしまいます。誤った情報を提供する専門家も非難されるべきかもしれませんが、それを軽々しく信じる私たちは、それと同じくらい罪深いことをしているのかもしれません。

そして最も恐ろしいことは、詳細に確かめ、調べる習慣を失うと、一気に全体主義に流されるということです。國部氏の深い懸念はこの点にあるのかもしれません。書籍の中でもハンナ・アーレントの「凡庸の悪」という概念を引用して警鐘を鳴らします。アーレントによると、第二次世界大戦において、ナチスに加担した人たちは、根っからの悪人であったわけではなく、自ら思考停止をして、ただナチスに従っただけの人だといいます。これこそが全体主義の正体であると。

多くの人が自ら調べることなく、権威や専門家に従うだけになると、社会は全体主義に傾きはじめます。残念ながら時間が経過したため、戦争を肌で経験した人は少なくなっていますが、太平洋戦争前の日本における国民的熱狂と、今の政府のパンデミックへの対応を正しいと信じ切る状況に、かなりの類似性があるのではないでしょうか。そして、雰囲気に流され、世の中がある一定の方向に進み出す場合の危険な香りを感じ取っている人は一定数いるものの、その人たちが、その推進力を止めるあるいは修正するほどの数にはなっていません。

そして、國部氏の議論のユニークな点は、この全体主義を醸成する根源を特定の人々に求めるのではなく「システム」に見出していることです。人々は「役者」に過ぎず、その背後にシステムがある。よって、全体主義に抗うには、このシステムに取り込まれないことを提言します。非常に迂遠であり、即効性はないものの、自分が納得できない場合は、システムに協力しないことといいます。全体主義に抵抗するわけですから、「無責任だ!」という批判は免れないかもしれませんが、システムに従わないことです。

そして、システムに取り込まれないという判断の拠り所はなにかというと「自然」を例として挙げています。近代社会のシステムは常に自然を支配しようとしてできあがったものであり、自然は常にシステムの外にあるといいます。よって、自然を基準に判断するのが良いと。

この点、私も同感です。科学はシステムの一部であり、利害打算で虚偽のデータや理論を出してきます。結論ありきで、専門家以外の人を誤導することは難しくありません。もちろん、政治や経済も利害打算の最たるものですし、利益相反など日常風景です。ただ、自然に従うとしても、國部氏のいうところの「自然」というのは、なかなか捉えにくいものです。おそらく、人によって解釈は異なる点、非常に難しい概念だと思います。この「自然」に従う、あるいは拠り所とする、ということは、私たちがそれぞれ自分で考えて、答えを見出す必要があるものなのかもしれません。答えは一つではないかもしれないし、答えは「ない」というのが答えかもしれません。