職人的生き方の時代

自分だけの生態学的ニッチで生きる

持続可能性を探る:スケールフリー・ネットワークの秘密

生態系という秩序は生物や環境条件が複雑に組み合わさることで、結果的に全体として辻褄が合うようになっています。みんな勝手に振る舞い、好き勝手にやっているけれど、どこかで帳尻があって安定しているということです。サステイナブルとかいって、持続可能な社会をめざす努力などしなくても、もともと世の中は持続可能にできているということ。

このことを説明する言葉で私が初めて接したのが「スケールフリー・ネットワーク」です。酒井敏『カオスなSDGs』(集英社新書、2023年)で説明されていました。私がこのスケール(基準)がフリー(ない)という構造から、ストレス・フリーな人生も送れると思えたのが一つの収穫です。

なぜなら無理な努力や「私は○○であるべき」とか「世の中は○○であるべき」などの主義は持たない方がよいと気づかせてくれたからです。自分を楽にしてくれた、リラックスさせてくれた、やっていることを正当化してくれたという意味で非常に価値がある概念でした。

カオスな複雑系のシステムには、中央政府や上層部のようなものがありません。誰もルールを決めていないし、方向性も示していないのに、システムそのものが勝手に原因と結果のフィードバックを繰り返し自己組織化し安定します。生物の進化がそうであるように、そこには何の意思も目的もないのです。複雑なネットワークの研究から、共通の秩序があることがわかったきたのですが、それがスケールフリーになります。

私たちは、SDGsだとかESGとかいって、一生懸命にサスティナブルな社会をめざそうとがんばっています。でも人間社会もスケールフリー・ネットワークである以上、無理に一つの方向性に揃える必要はないということになります。

国家や企業など、意思決定を担う中心が存在するシステムでは、何を決めるにしてもベクトルを一つの方向に揃えます。そうしないと「やっている感」も出ないし、意思決定したことにならないので、とりあえずベクトルを一つの方向に合わせなければなりません。だから政治をめぐっても「右か左か」という対立になりやすいのでしょう。また、国連主導の温暖化対策も、いったん「人間活動主因説」が正しいと決めたら、そちらに向かい全員が動き出します。本当にそれが正しいかどうか誰もわからないのに。

しかし、スケールフリー構造の社会を安定させるには、「これが正しい」と決め打ちせずに、それぞれがバラバラに行動した方がよいことになります。そういう意味で「スケールフリーを体現するとストレス・フリーになれる」と思えたのです。

しょせん人間の努力で気候を変えようなどいうのは傲慢なのかもしれません。多くの複雑な要因が絡み合って今の環境ができています。10年後、20年あるいは100年後の地球環境など誰がわかりますか。それを無理に方向性を決め打ちし、ベクトルを揃えることは愚かなことなのかもしれません。そう考えると自分だけでもみんなと違う方向に進むことの方がかえって持続可能性に貢献できると思うと楽になります。

世界が同じ方向に進み出した時こそ、違う方向に進むことでリスクマネジメントの役割を果たしているともいえるかもしれません。世の中からみれば何も役に立っていないことしているとか思われるかもしれませんが、やはり「遊び」は必要ということでしょう。余計な戦略など考えずに、ネットワークの中で原因と結果の一部に加わりながら、好き勝手にやっていればいいといわれれば、こんな楽なことはないことでしょう。

社会運動としてのSDGsとの付き合い方

私は、SDGsと適宜付き合っていけばいいというスタンスです。なぜなら生真面目に17の目標を理解し、すべて達成しようとすると矛盾が生じるからです。静岡県立大学・副学長の酒井敏『カオスなSDGs』(集英社新書、2023年)を読めば納得できます。副題は「グルっと回せばうんこ色」です。

たしかに、子どもの頃にいたずらしたことを思い出すと、あのカラフルな色の絵具を混ぜれば限りなくグレイとか黒色に近づいた記憶があります。これは、酒井教授がSDGsバッジを見て思いついた一句だそうです。

たとえば、SDGsの2番目に「飢餓をゼロに」という目標があります。これを達成するためには、農業の生産性を上げるために農薬を大量に使う必要があるかもしれません。ところが、3番目の目標である「すべての人に健康と福祉を」という目標と矛盾します。

17の目標の間にはこうしたトレードオフの関係が生じる矛盾があります。人間の社会が誰も全体を把握していない一種の生態系として成り立っているので仕方ありません。よって、SDGsは「きれいごと」といわれるのも当然なのです。しかし、社会変革を起こすには、このぐらいのきれいごとを声高に主張しなければならないのでしょう。よって、私はSDGsを社会運動の一つだと捉えています。

脱炭素というのも不思議なものです。二酸化炭素はそもそも毒ではありません。むしろ植物には必要不可欠な存在です。そして、植物の光合成から排出される酸素から、私たちにとって必要は酸素が生まれるわけです。小学生でも学ぶシンプルな知識ではないでしょうか。これを人間の力で調整してしまっていいのか疑問です。かえって人類にとって深刻な事態にならないのでしょうか。そもそも、地球温暖化が人間の活動が原因であるという決めつけも本当に正しいのかは証明できていません。50年後や100年後を予想するのはほぼ不可能といっていいでしょう。

海洋に流れるプラスチックごみも問題になっていますが、本当はすべて焼却処理をすれば問題にならないわけです。プラスチックを本格的に使い始めた1950年から2015年までの65年間に、世界でおよそ63億トンが廃棄されたそうです。そのうち8億トンは焼却処理され、6億トンのみリサイクル、残りの49億トンは大部分が埋め立てられているということです。結局、分別回収して、その後しっかり管理されていないと海に流出したものもあるでしょう。

日本でも分別収集することが徹底されていますが、リサイクルに回されるプラスチックはそれほど多くありません。環境省によると、2013年に発生した940万トンの廃プラスチックのうち、リサイクルに回されたのは25%、焼却処分が67%、埋め立て処理が8%だそうです。

分別収集のコストを考えると、そこまで徹底することなのかと思いませんか。その点、プラスチックも燃えるわけなので、程度の問題はありますが、多少の量であれば燃えるゴミと一緒に処分しても問題はないと考えることもできます。どこまで神経質になって徹底するかは個人の判断に任せてもよいでしょう。

個別の論点を議論するとキリがないのですが、結局、自然界に起きる現象は予測不可能であるということです。誰も予想できないし、正解を知らないわけです。政府や国連がいうから正しいということもありません。もちろん、一部の研究者の研究結果に基づき施策が打たれていますが、別の研究者から間違いを指摘されています。

結局、正しい答えはわからない、あるいは正しい答えは一つではないということかもしれません。このような事情を踏まえると、今後のSDGsとの付き合い方も変わってくるのではないでしょうか。

ブログ名を変更:「職人的生き方の時代」

ブログ名を「スペシャリストのすすめ」から「職人的生き方の時代」に変更しました。「スペシャリスト」というのはビジネスの世界でよく使いますが、日本語ではないので「職人」と言い換えたということです。

また、「すすめ」は福沢諭吉の『学問のすすめ』と同じですが、推奨するという意味合いがあります。ただ、私ごときに推奨されても余計なお世話なのでやめました。私が提言するまでもなく、多くの人は自分で気づいて人生を楽しんでいることでしょう。

私が扱っているテーマで比較的多いのが「教育」と「働き方」になります。ブログのカテゴリーを確認すると「博士号」も多いのですが、博士号を取得済になったので、これからそんなに多くの記事が書けるとは思えません。

そして、「職人的生き方の時代」という何の変哲もないブログ名になりましたが、それでもこれからの生き方や自分の働き方を現わしていると思うので、しばらくこのブログ名で続けようと思います。ドメイン名も「職人≒スペシャリスト」であればこのままで問題ないでしょう。

組織人でサラリーマンを長く続けていますが、自分のマインドは職人のように自律しています。組織に依存するということはない方です。がんばっているわけではなく、自然とそうなりました。その方が生き方として楽なこともわかりました。そのような視点で、教育や働き方について書き続けていこうと思います。

コロナがはじまった年の6月からスタートしていますから、すでに4年が経過したことになります。このブログから2冊の一般書も出版されました。多くの人に読まれているわけではありませんが、コツコツ書いた一部が成果物として書籍化されているので満足です。

博士論文を書き終えたタイミングから「である調」から「です・ます調」に変えて、雰囲気もソフトになりました。これからもめずらしい視点の論点を提示していければと思います。ニッチであり続けようと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お父さんはYouTuberの第2弾: 「やってみなはれ」の精神で

リンクは、現在予約注文中の『なぜ社会人大学院で学ぶのかⅠ』(アメージング出版、2024年)の紹介動画になります。事前にストーリーを決めていてもうまく話すのは難しいものですね。アナウンサーとか芸人の方を尊敬します。しかも労働法が専門ではないし、、、

『なぜ社会人大学院で学ぶのかⅠ』2024年7月発売決定!予約注文支援プログラムにご協力いただけませんか?締切2024年5月31日! - YouTube

企画から出版まで半年程度で実現した共著ですが、異例のスピード出版が実現しています。考えてみますと、それ以前からそれとなくイメージはしており、そのイメージが現実化したケースとなります。特に努力したわけでもなく、周到に企画をしたわけでもなく、成り行きで実現したものですが、これからの時代の流れを感じるよい経験となっています。

今回の経験に基づくと新しい時代は軽い気持ちで何でもやってみることが大切なように思います。眉間にしわを寄せて真面目に取り組むことを否定するわけではありません。しかし、時代の流れが変わったようなので、あまり真剣になり過ぎず、できることは「やってみなはれ!」の精神でやってしまうということです。そこで経験する失敗から新たな発見があるし、次の展開も見えてくることもあります。

実はすでに次の共著出版も検討段階に入っています。12月末までに執筆希望者に概要を提出してもらいます。そして、2025年2月末までに原稿を提出してもらい、7月頃に出版という流れです。タイトルはもちろん『なぜ社会人大学院で学ぶのかⅡ』になります。Ⅲまでは何とか続けたいと思っています。

現在、研究会にはクラウドファンディングで支援いただいた方やコミュニティを通じて参加いただいた方などが混在しています。もうすぐで1年経過しますので、ここで会員には次の2種類のいずれかを選択いただく予定です。

①ゆうれい会員
②アクティブ会員

ゆうれい会員の方には今まで通りこちらが発信する情報の受け手になってもらい、必要な時にできる範囲でご支援いただきます。

一方、共著出版で積極的に成果物で貢献されたい方はアクティブ会員として、コミュニティに参加してもらい毎月1,000円の会費を支払います。そしてこの会費は、そのまま出版費用に充当されます。

働きながら社会人大学院で学ぶ研究会 CAMPFIREコミュニティ (camp-fire.jp)

今のところ予約注文支援プログラムで出版を実現できていますが、毎年多くの方の善意に頼るだけでは限界がくるかもしれません。そもそも毎年予約注文のお願いをしても嫌がられるでしょうし、どうにかして予約注文に頼ることなく出版費用を確保することも考えなくてはなりません。

仮に毎月1,000円で年間12,000円の会費として50名の会員がいれば60万円になります。プラットフォームに支払う費用などを差し引いても、何とかギリギリ出版費用を確保できる水準になります。こんないい加減な算段ではありますが、そんなに深刻になることなく、気軽に挑戦し続ける、そして楽しむということが鍵になるのではないかと思っています。

そもそも「ゆうれい会員」というステータスがこの取り組みの特徴を示しています。いい加減でゆるいのですが、それが長続きする方法でもあるのかもしれません。どこまでこんな適当なやり方が通用するのか様子を見てみたいと思っています。

共著『なぜ社会人大学院で学ぶのかⅠ』の予約注文

リンクのとおり共著『なぜ社会人大学院で学ぶのかⅠ』の予約注文が開始されました。予約注文が200件に達すると電子書籍ではなく単行本として出版されるということで、「予約注文支援プログラム」といたしました。今考えると「予約注文サポート制度」の方がよかったかと思いますが。いずれにしましても予約注文を通してご支援いただければ幸いです。支援いただいた方のお名前は、執筆者一同お礼の気持ちを込めて、はしがきに掲載させていただきたいと思います。

<予約注文支援プログラム> なぜ社会人大学院で学ぶのか Ⅰ - 人生100年時代の学び直し | アメージング出版の販売サイト

過去の経緯ですが、昨年から「働きながら社会人大学院で学ぶ研究会」というのを立ち上げています。

働きながら社会人大学院で学ぶ研究会 CAMPFIREコミュニティ

この研究会のメンバーと昨年12月に成果物として共著を出版できないか議論いたしました。その後、出版企画、概要の作成、原稿の執筆と順調に進み、約半年程度で出版までこぎつけるという異例の速さで実現したことになります。

私一人であれば最低でも1年は必要だったことですが、やはり10名の執筆者であればあっという間に実現することに自分でも驚いています。またメンバーもみなさん前向きで、とにかく楽しんでいます。たとえ成り行きで実施してしまった企画だったとしても、やって良かったと思っています。

今の時代、慎重に企画を立案し、多くの人の承認をもらいながら物事を進めるより、見切り発車で面白おかしく実行していると、賛同者がついてきてくれるのかもしれません。眉間にしわを寄せて考えているくらいなら、もうやってしまうということでしょうか。

しかも、『なぜ社会人大学院で学ぶのかⅠ』としているくらいですから、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと続ける予定です。そのうち執筆者も集まるだろうという楽観的な目論見で進めています。走りながら考え、とにかく「やってみなはれ!」の精神で、行けるところまで行ってみようという企画。よろしければ研究会に参加いただき、共著者になってくれる方がいれば嬉しいです。お待ちしております。

日本人の長時間労働はゼネラリストであるため

一つの会社に所属し、人事異動でいろいろな仕事を経験してゼネラリストとして生きる日本人というのは、昭和の時代は当たり前でした。ゼネラリストであれば他者との差別化も難しく、長時間労働でもするかということになったのでしょう。よって、長時間労働の要因は、日本の労働者の多くがゼネラリストであることなのではないかと私は思っています。

一方、スペシャリストであれば、あらゆる仕事は自分の裁量で処理でき、突発的な案件が来ても、入口から出口まで見通せるのでストレスも少ないことが多いことでしょう。これがゼネラリストであると右往左往してしまい、誰に聞けばいいのか、何を調べればいいのか、とにかくわからないから大騒ぎし、結局仕事も後手に回ります。

冷静に考えれば、すべての日本人が職人のようにスペシャリストになれば、組織内の業務はかなり効率的に処理できるはずなのに、ゼネラリストも必要であるという議論が残り続けるのはなぜでしょう。その理由は、ゼネラリストが自分の存在意義を失いたくないために必死で「ゼネラリスト必要論」を主張しているためだと思います。ジョブ型ともいわれていますが、メンバーシップ型が心地よい人がまだ多数派なのでしょうね。

本来であれば、現在ゼネラリストの人も少し努力し、専門性を身につけてスペシャリストに転換すればいいのですが、その「少しの努力」をしたくないので、ゼネラリスト必要論に傾くわけです。労働市場においてほとんど値段が付かないゼネラリストですが、市場価値があるように振る舞うためにもゼネラリストに価値があることにしなければなりません。

結局、長時間労働を改善したくても、ゼネラリストであり続ける限り長時間労働は解消しません。一方、「少しの努力」も実践したくないので、長時間労働という不思議な努力に精を出します。これが長時間労働の正体ではないでしょうか。

こんなことを続けている限り女性の労働市場への参加は困難で、外国人労働者もバカらしくて会社を去っていきます。今ゼネラリストも必要だとか、全員がジョブ型になる必要はないと主張している人が制度を維持し続ける限り、長時間労働の解消は不可能なことでしょう。

文藝春秋の学歴詐称工作の記事を読んで

小島敏郎小池百合子元側近の爆弾告発」と北原百代「カイロで共に暮らした友への手紙」文藝春秋102巻5号を拝読いたしました。本当は福島雅典「コロナワクチン後遺症読者の疑問に答える」を読もうと思って買ったのですが、その前に掲載されている記事の方に興味が行き先に読みました。

学歴というのはここまで人について回るものなのかと不思議に思います。人が普通に暮らしている分には、誰がどんな学歴であるかなど関係ありません。仕事をしていても、おでこに学歴が表示されているわけでもないし、背番号のように背中に記載されているわけでもないのでわかりません。

私もこだわるかというと、何を学び研究したのか、そしてその結果今の自分があることが示せるという点でこだわることはあると思います。ただそれは自分の専門分野が何かを示すためであり、どこの大学を出たかということへのこだわりはありません。

よって、専門書や一般書を出版する時も、大学名と自分の専攻を記載しています。ただ、一般書を出す時は所属会社は伏せています。社名を出す場合は広報部に承認をもらわなければならないので、その煩わしさを避けるためです。特に職歴を詐称したいとか隠したいということではありません。このブログのプロフィールもそのことに配慮しています。

今回の小池氏に関する記事が真実であるかどうかは別にして、たしかに学歴にこだわる人が身近にもいることに気づかされました。たとえば、博士課程を修了して博士号を取得できているのか不明でありながら博士と表記する人。博士課程に在籍していたでしょうが、博士号は取れいるのかどうか定かではない。博士課程に在籍したと、博士号を取得したでは違いますが、「博士」という表記が何を意味しているのかわかりません。しかも海外の大学であれば確かめようもない。今回の小池氏と同じパターンで、その人のことを思い出しました。

あるいは、東京大学で博士号を取ったといいながら、その記録が出てこない人。法令で博士論文の公表義務があるので、そのような嘘は簡単にバレるのに、それでも東大博士として論文指導などのビジネスをしている人がいます。

また、60歳を過ぎているにもかかわらず、いまだに早稲田大学の稲門会の写真を頻繁にSNS上に投稿している知人もいます。「稲門会=自分」なのかもしれませんが、稲門会と関係ない私には興味もありません。先日、知り合いではないですが電車の中で小さく「早稲田大学」という文字が書かれたキーフォルダーをカバンに付けていた同世代か少し上の人も見かけました。その方も「早稲田大学=自分」なのでしょう。

私は東洋大学出身ですが、そのような思い入れがありません。難関大学でもないし、卒業後に大学のおかげで何か得をしたということもないからでしょうか。それどころか、先日図書館で本を借りるため校友として入構しようとしたら正門でブロックされ、警備室前で入構手続をさせられました。

開かれた大学といいながらこれではいけません。しかも私立大学といえども私立大学等経常費補助金という公金が使われているのですから、大学は文字通り物理的にも開かれていなければならないでしょう。3人の子どもたちにはこうい大学には進学すべきではないとアドバイスしました。このように管理強化をし統制をかけている大学は学問の自由すら怪しいと思うからです。

博士課程は神戸大学ですが、先日あるサークルの学生が旅館における器物破損事件を起こして問題となっていました。それとて私とは関係ないし、私の信用が失墜するこもありません。今は次の博士号に向けて高校数学から勉強している自分にとっては、すでに修了した大学は過去のものです。

「学歴=自分」というのは不思議なものです。本来はその学歴を使って何ができるか、どのように社会に貢献できるか、あるいは今後何を創造できるのかの方が大切でしょうが。何かを創造していくことができないとあきらめた場合に、過去の学歴に紐づけられた自分として生きていくことになるのでしょうか。そうならないためにも、日々研鑽していく自分であろうと思います。