スペシャリストのすすめ

自分だけの生態学的ニッチで生きる

社会人大学院生は10年から20年後の成果を目指す

1990年代初めから大学では大学院重点化ということが行われています。大学における教員のポストが増えるわけでもないのに、なぜ研究者を養成する大学院を強化していったのでしょうか。いろいろな理由があるようですが、酒井敏『野蛮な大学論』(光文社新書、2021年)に興味深い見解がありました。

酒井氏によると、博士を増やしてもポストがあるわけではないので、研究者の養成が目的であったはずはないといいます。実際、文部科学省が掲げていた大義名分は国民の「生涯学習」の促進であったということです。生涯学習といっても大学院はあくまでも研究の場。社会人がカルチャーセンターに通って外国語や古典文学など趣味で学ぶレベルでは同列に語れません。

それでは、生涯学習として大学院を修了した人たちはどこに行くのでしょうか。それはやはり企業しかありません。アメリカ等では、博士号を持つ人たちが好待遇で企業に迎え入れられることがあり、文部科学省には、日本にもそういう企業文化が広まることへの期待があったのではないかといいます。

ただ、残念ながら日本企業にそのような発想と余力があるとは思えません。企業は、組織に特定分野の専門家を取り込み、未来のためのイノベーションを期待するなどという悠長なことは言っていられないからです。とにかく四半期ごとの決算で、すぐに役立つ人材が必要なわけで、組織内で自由に研究をして、いつ成果を出せるかわからない人材を採用する余裕はないわけです。

およそ社内で用意されている研修をみてもわかりますが、即効性があり、日々の業務に直結したものばかりではないでしょうか。本来はかなり余分な知識を学び、本業に関係のない情報も得て、10年後、20年後に成果が出るかもしれない研修があってもいいと思うのですが、企業にとっては、そんな研修などあり得ないとなるでしょう。

酒井氏は、福利厚生の一環で従業員を大学に送り込むことも提言します。ただしその場合、「会社の研究開発に役立つ知識を仕入れてこい」といった具体的な目的を決めないほうがよいといいます。比喩的表現を用いて、大学院で身につけるのは「筋肉」ではなく、「脂肪」であるといい、大学院を保養施設と同じように利用させるとよいと提言します。

たしかにその通りだと思います。しかし、前述したように企業にそのような発想や余裕はなく、視点はせいぜい3年、長くて5年で成果を期待します。たとえば、上場企業の場合、経営者の在任期間がその程度なので、視界がそこまでしか届かないのでしょう。最近は役員報酬に長期インセンティブも付与され、長期的視点も必要とされていますが、10年先、20年先ともなれば、そもそも経営者本人が生きているのか、ということすら微妙なケースもあるわけで、なかなか「10年後、20年後に成果を出してくれればいいよ」といえる人はいないのかもしれません。

いずれにしても、企業と大学のあり方は変わる必要がありますが、組織がなかなか変われないのはいつの時代も同じです。よって、企業で働き、大学院で学ぼうという人々が自分から変わっていく必要があるのだと思います。自分自身の人生について短期的視点だけではなく、長期的視点で戦略を策定することはできるわけなので。

「自然死」を実践した偉大な医師

父が年齢を重ねて、人生の終わりに近づいてきたと感じたときに、平穏死や自然死に関する書籍を何冊か読みました。誰であろうと、自然な形で逝けるのが理想だと思い、病院で多くの管につながれて終わりを迎えるのは不自然だと思ったからです。

いくつか読んだ本の中で印象に残っている一冊に、中村仁一『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(幻冬舎新書、2011年)があります。その中に自然死のしくみについての記述がありました。

自然死の実態は「餓死」「脱水」だそうです。「餓死」「脱水」といえば、非常に悲惨に聞こえますが、空腹なのに食べ物がないとか、のどが渇いているのに水がない、という状態とは異なります。死に際のそれは、命の火が消えかかっているので、お腹もすかないし、のども渇かない状態ということです。

「餓死」の状態になると、脳内にモルヒネが分泌され、いい気持ちになって、幸せムードに満たされます。また、「脱水」は、血液が濃く煮詰まることで、意識レベルが下がり、ぼんやりした状態になります。このように死というのは自然の営みなので、過酷なものではありません。不安や恐怖や痛みもなく、自然にあの世に移行できるということです。家族としては傍らにいて、大声で呼びかけたり、強く手を握ったり、揺さぶったりすることもなく、ただ見ているだけでいいのでしょう。

そんな中村医師はどうされているのかと調べてみると、昨年他界されていることを知りました。息子さんがブログで報告していました。

父 中村仁一が永眠いたしました。 - 自分の死を考える集い開催スケジュール掲示板 (goo.ne.jp)

しかも、書籍で書かれていたように、医療にかかわることなく、自然死を実践され、穏やかな最後だったようです。どんなに立派な医師でも、自分の死を目の前にすると、取り乱すこともあることでしょう。その点、中村医師は本物だったわけです。たしかに、書かれている内容や文体、表現を読めば、ご本人の信念や迫力が伝わってくるものがありました。自然死について確信があった方なのだろうと思います。

「だ・である調」から「ですます調」へ

はてなブログからのメール案内で、ブログを「開設して2年が経ちました」と連絡がありました。ちょうど、文体を「ですます調」に変更しようか考えていたので、このタイミングで変えることにしました。このようなシンクロニシティ、いわゆる共時性に従うことを私はよくやります。

「だ・である調」を常体、「ですます調」を敬体というそうです。当初、ですます調を使わなかったのは、書きなれていなかったためです。論文を書くことが多かった自分にとって、だ・である調の方が書きやすかったといえます。また、ですます調のほうが文字数が多くなるというのもあったかもしれません。簡潔にコンパクトに書きたかった。

一方、だ・である調の難点は、文章が断定的になったり、威圧的になったりすことかもしれません。また、論文のような文体なわけで、書きはじめるとにき、かなり確実な論拠やある程度の参考文献がないと書けないような気にさせられることがあると思います。その点、ですます調のほうがブログを書きはじめるハードルは低くなることでしょう。

私自身の博士論文も目途が立ち、その他の論文執筆も落ち着き、今書いている専門書も共著によるQ&A形式の予定なので、ですます調です。このタイミングで気持ちも切り替え、本ブログの文体を変えてみることにしました。

ちなみに、もう一つのブログ「見えない世界を知る」は、左脳過多な自分のバランスを取る意味でも、ですます調で書き続け、1年以上経過しました。

見えない世界を知る (ameblo.jp)

いってみれば右脳の世界あるいは精神世界と、左脳の世界あるいは理論の世界を行ったり来たりしながら、心地よいポジションを探すということをやっています。しかし、そんなに都合よく、最適なバランスを維持し続けるということはできません。毎日が悩みと、焦りと、迷いの連続です。

今後、大きく書く内容が変わるわけではありませんが、文体を変えることで何か変化が起きるのかもしれません。印象が変わる程度かもしれませんが。

研究の世界に「選択と集中」は必要か

日本の研究力の低下に関する記事をよく目にするようになった。天野郁夫『国立大学・法人化の行方』(東信堂、2008年)によると、国立大学については、法人化後に外部資金獲得の涙ぐましい努力や、経費節減のための人員配置の効率化、職員の企画力や業務遂行能力の向上、あるいは意識改革の必要性などが現実として浮かび上がった。そして、国立大学法人化後に組織が疲弊して、研究力そのものが低下しているのではないかと推察される。

また、文部科学省は、いわゆる選択と集中で、地方の大学よりも都市部の総合大学に重点的に資金を配分して、もともと経営資源の乏しかった地方大学の研究力を削いでいる結果になることが読み取れる。結局、国立大学の財政的な自立を促す政策が、大学の研究力の低下を招いている一つの要因でもある。日本全体の研究力の向上は一部の総合大学のみでは達成できることではなく、地方の大学も含めた総力戦でなければ難しいのではないか。

それではなぜ、選択と集中を基準に資源配分すると研究力が低下するのであろうか。研究とビジネスを同列に考えている限り、その答えはみえないのかもしれない。そもそも研究の場合、すぐに役立つ応用的な研究もあれば、将来役に立つかもしれない基礎的な研究もある。どちらも研究してバランスを取らないと良い成果は出せないものである。しかし、選択と集中を基準にすると、短期的に成果を出せる応用研究にばかり資金が偏ることになる。

この点、酒井敏『野蛮な大学論』(光文社新書、2021年)はうまく表現している。将来成功しそうな役立つ研究に対して選択的に資金を集中させるのは、「当たり馬券だけ買いたい」という表現と同じでナンセンスな手法だと。未来のことは誰にも予測できない。何が起こるかわからない未来に備えるには、いろいろなことを手広くやっておくしかないと。

そのようなことをいうと、そんな失敗ばかりする効率の悪い研究につき合っていられるかと怒り出す人たちがいる。しかし、それを恐れて世の中を騙し続けていると、結局は学術界全体が自分で自分のクビを締めることになる。選択と集中で効率よく役に立つ結果を出し続けることなどおよそ不可能だからだ。

よって、研究者は「頭のいい人」を演じるのは止めて、世間には「野蛮で頭の悪い命知らずな連中がいろんなことをやっている」と思ってもらうのがよいとする。この「野蛮」という視点が酒井氏の書籍のタイトルになっているわけだが、効率よく最小のインプットで最大のアウトプットを出そうというのはビジネスの世界で通用するとしても、大学の研究の世界で結果を出せるかどうかはわからないということである。

そもそも、ビジネスの世界ですら選択と集中が正しい解であるのかはわからない。一見、非効率な分散された事業のポートフォリオが、ある分野の業績不振を他の分野で補うことにより、企業グループ全体を救うということもある。過度に選択と集中を実行していなことが功を奏することがあるということ。選択と集中という戦略があるゆる場面で正しいのか、ということは、特に大学の研究分野においては疑ってもよいと思う。

オンライン教育に過度の期待はできない

オンライン教育というものをどのように考えていくべきか。もろ手を挙げて賛成とはいかないかもしれない。自分自身は、大学院の博士課程をほぼオンラインで受講している。約1年3か月になるが、大学院に行った回数は2回である。そして、博士課程の場合は、指導教授による論文指導がメインになるので、オンライン授業というのは馴染むのかもしれない。しかし、小学生や中学生、あるいは高校生や大学生にオンライン授業だけで済ませるというのは問題があるかもしれない。

たとえば、堤未果『デジタル・ファシズム』(NHK出版新書、2021年)によると、アメリカのシリコンバレーの億万長者たちが資金提供してきたオンライン授業による個別学習プログラムは10年かけて改良を重ねたにもかかわらず、いまだに学力向上という成果を出していないという。そして、その学習プログラムの成果を検証した研究者は、個別指導以上に重要な教師の役割とは、単にパソコン上で最適な問題を解くよりも、人としてのつながりや、生徒を褒め、励まし、上達をともに喜ぶことなのだ、としている。

たしかに、日本においても大学受験のための予備校で、オンライン授業やビデオ受講できるものも存在するが、一方的に授業を受講するだけで、対話がなかったり雑談がなかったりと、生徒がすぐに睡魔に襲われ、集中力が継続しないものも多いのではないだろうか。本来、教育とは教師と生徒の共同作業のようなもので、微妙なニュアンスの指示や示唆も含めて、生のやり取りが必要なはずである。

そもそも、資金提供した億万長者の子どもたちには、そのようなオンラインの個別学習プログラムなどさせていないであろうし、自分の子どもには一対一の家庭教師なのだと思う。ところが、自分の子ども以外には、効率性を重視した、デジタル化した教育を提供しようということになる。

ここで思うことは、教育をビジネスと考えれば、投資に対するリターンという発想で、教師の数を削減し、校舎も所有せず、遠隔でも生徒を集めることができ、良質な授業を多くの生徒に均質に提供できるオンライン教育などが効率的という結論になるのかもしれない。しかし、本当にそうであろうか。パソコンの画面に表示される教師の解説を聞き、そこで問題を解くことで、学力が向上するであろうか。私は集団の中の雑談や対話、議論の中にこそ多くの学びがあると思う。先生の強烈な個性や生徒間の交流にこそ、人生を力強く生きていくための学びの要素が詰まっているように思う。

人間の脳の働きは、デジタルだけでは活性化しない。教育をビジネスと考えている限りこのような視点は持てないのかもしれない。教育にはもっと公的な資金も必要で、もっと遊びの要素も取り込まなければならない。集中と選択などというビジネスで使う用語を教育に持ち込んで、効率優先を追及していると大きな過ちを犯すことになると思う。大いに遠回りをしてゴールに向かうのが教育ではないだろうか。

デジタル化で幸せになれる人は多くない

デジタル化で世の中は究極の監視社会となる。金融機関は、私たちの信用スコアを持ち、一人ひとりを格付けする時代がくる。たとえば、今でも信用調査によって、カードローンで借りることができる金額の上限が人によって異なるが、デジタル化が進めば、もっと迅速にきめ細かく借り入れ可能金額の上限は決まるであろう。人によって金融機関から受けられるサービスにも大きな差が出てくるものと思われる。このようなデジタル化を心地よいと思う人はどれほどいるのだろうか。

堤未果『デジタル・ファシズム』(NHK出版新書、2021年)によると、国全体のデジタル化を急速に進める中国では、信用スコアの点数によって、受けられる公共サービスに差がつけられるそうである。政府が好ましくないと判断した人物は、デジタル化した中国ではまともに暮らせなくなる。政府にとって信用スコアは管理型社会のツールとして便利ということ。デジタル化で先進国の中国は、日本のかなり先を行く優等生であるが、そこには人権というものへの配慮はほとんどないようである。

日本では憲法があるので、このようなことはすぐに起こらないが、徐々に人々はこのようなデジタル管理社会に慣れて、監視社会を容易に受け入れてしまう可能性もある。すでに、健康保険証が将来的に廃止される方向で検討され、マイナンバーカードに集約されるというニュースもあった。そうなると、将来はマイナンバーカードによって、すべて医療履歴は把握され、予防接種履歴なども追跡できることになる。プライバシーを含む個人情報はすべて国によって把握されるようになることを覚悟しなければならない。一見、便利だと思われるデジタル化は、人々から自由を奪い、行動はすべて記録される。

前述の堤氏の書籍によると、カナダのトロント市の市民がデジタル都市を拒否した事例が紹介されている。街中にセンサーが張り巡らされ、住民の行動を逐一スマホから追跡し、収集した膨大な個人データが都市作りの参考資料としてグーグルの姉妹会社に送られた。そこで住民は、「何月何日の何時何分にどんなゴミを捨て、どこからどこまでバズに乗り、どこの書店に寄ってどんな本を買ったか、誰と会ってどこで何を食べ、何を飲んだか、それを全部グーグルに知られることになる」ということに気がつき反発。行政側に圧力をかけてデジタル都市から撤退させることに成功している。

私たちは、デジタル化にこのような側面があることを、今一度考えておく必要がある。デジタル化が世界の傾向で止めることができないという風潮があるが、ある一定の規制を設けないと、私たちの生活は想像以上に制約され息苦しいものになる。おそらく一部の超富裕層と権力者だけがデジタル化の恩恵にあずかることができるのかもしれない。どこかで踏みとどまり再考する機会は必要であると思われる。

医学博士は医療の専門家ではないのか

外科医の大鐘稔彦『私が"足の裏の飯粒"を取らなかった理由』(アートヴィレッジ、2021年)によると、医者の二人に一人は博士号を持っているという。コロナでテレビ解説に出てくる専門家に医学博士は多いが、そんなに意味のあるものではないということだろか。私たちは肩書に迷わされることがあるが、しっかり当人の技量を見極める能力を自分で培っていく必要がありそうだ。

大鐘氏がある大学の教授に自身の書籍のゲラ刷りを提示したら、内容がすばらしいということだったので、学位論文としてもらえないかと依頼したそうである。すると教授は苦笑し、学位論文としては分量が多すぎ、内容も多岐にわたりすぎているので、もっと絞らないと、ということだった。そして、たとえばこんなふうにといって示された論文は、図表を含めてB5版のプリント27枚。内容はリンパ濾胞の大きさを事細かに分類して数値を並べたてており、一見学術的な体裁だが、数字の羅列に審査に当たった他学部の教授たちは、専門外でもありろくすっぽ目を通していないだろうという。

医学博士というのは、医者のうち半分は医学博士で、さして得難いものでもなく、大学院に進めばほぼ自動的に得られるし、医局に入っておとなしくボスである教授のいうことを聞いていればもらえるものという。たしかに、医師は医師国家資格に合格し、厚生労働大臣から免許をもらう必要があり、医学博士とは別物である。医師国家資格の受験資格は、6年制の大学医学部を卒業した者であり、学位であれば学士号で条件をクリアしていることになる。そうすると、博士号のない医師がいることと、医師で博士号を持つ者がいることになる。また、博士号はあるが医師免許のない者もいる。その者は医師ではなく、医学分野の研究者ということであろう。

この点、外科医である大鐘氏の問題意識は明確で、外科医たるもの、手術手技の修練が一番である。そのことをそっちのけで病理学教室に通い、顕微鏡をのぞく生活を二年、三年と続けなければ博士号は手に入らなので、その若い時代の、二年から三年の差は大きく実力差となってあらわれるという。臨床医としての力も未熟なまま「医学博士」と名刺に刷り込んで病院に勤めてどうするということである。たしかに正式には「博士(医学)」であり、学術的に医学の分野の研究ができることを証明するかもしれないが、名医であることを保証しないということであろう。

そんなに、博士(医学)が多いのかと思い、国立情報学研究所のデータベースで調べると、すべて網羅できていないかもしれないが、過去の累計件数がわかった。まず、医学は29万件の博士号取得者が出てきた。それに比較し、工学では13万5,000件、理学で6万6,000件であった。文系はもっと少なく、文学で1万6,000件あるものの、法学5,500件、経済学8,000件、商学2,000件と極端に少なかった。そう考えると、まずは臨床での実力が評価され、それをフォローするように学位があるのであればいざ知らず、テレビに登場する臨床での実績がない医学博士のコメントを鵜呑みにするのは慎まなければならない。また、学問分野によってこんなにも違いがあることは一般の人が気づかない盲点でもあると思った。普通は医学博士と聞けば、突拍子もない実力がある人と思うはずなので。