スペシャリストの生き方

自分だけの生態学的ニッチで生きる

「株」「不動産」「投資信託」あるいは「英語」

確実なリターンを得られる投資は何か。株や不動産、投資信託、金、商品先物取引、どれをとっても元本保証はされない投資である。その点、自己投資としての英語は比較的確実な投資といえる。とくに20代の人で300万円あれば、1年でもいいので海外留学するとよい。300万円を自分で払って現地で学べば必死になる。会社派遣で20代の人がMBA留学できたような時代もあるが今は難しい。しかも会社のお金と自分のお金では、モチベーションの点から自分のお金で学ぶほうがはるか望ましい結果を生む。その証拠に、日本でMBA留学を経験した人が際立って活躍していることはない。そもそもアメリカのMBAの授業料を自己負担できる人はそうはいない。よって、語学留学だとしても自分で300万円払って行けば、おそらく長期的にMBA以上のリターンが得られる。

たとえば、300万円で海外留学して帰国後、外資系企業に勤めれば1年で300万円を回収できるチャンスはある。すなわち、帰国前の年収が500万円だったのに、帰国後に800万円になることはあるだろう。しかも、300万円投資して1年で300万円のリターンがあり、それが毎年継続するとしたら、こんなに確実な投資はないわけである。人にもよるだろうが、人は人で、自分はその投資に賭けてみるのは決して悪くない。そして、重要なことは、帰国後の英語力以上に、実は20代で身につけた仕事力のほうである。英語は外資系の世界に入るための扉のカギでしかなく、扉が開けて中に入った後に活躍するための基盤は、実は業務遂行能力になる。よって、帰国後の面接で英語力を強調するよりは、20代でどのような活躍をしたのか、経験を話すほうが採用する側の印象はよいはずである。

さらに重要なことは、帰国後も英語を学び続けること。読む本は英語、読む論文は英語、見るドラマは英語、観る映画は英語、読む新聞は英語というように、英語を学ぶのではなく英語で生活することが重要である。また、電車の中でも英語を聞き、自宅でもシャドーイングをやりながら英語を話すための顔の筋肉を鍛える必要がある。少なくとも日本語を話している限り、一生涯使うことがない顔の筋肉の組み合わせというかコンビネーションというか、どちらも同じ意味だが、そのようなものが必要になる。普段使用しない筋肉を使うことで、英語の発話やアクセントは英語っぽくなっていくであろう。このように帰国後の投資も怠ってはいけない。また、何度もいうように仕事で使う専門分野の英語で読み書きができるようにならないと、さらなるリターンは望めないので、膨大な読み書きは継続することになる。

こうして、ある程度お金を稼げる基礎ができたら、次は自分の世界を広げるための第二外国語、第三外国語、第四外国語への挑戦である。とくに小国の言語は、使う機会が少ないものの、その言語を学ぶことで出会うネイティブからは多くの刺激を受けることができる。東欧の小国の言葉でも、アジアのマイナーな言語でもよい。なぜなら、日本に来ている彼ら彼女らは、自国におけるエリートであり、いろいろなところから奨学金を獲得して来日しているからである。自費で日本に留学するのが難しい国であるほど、実際来日している人材は優秀ということである。そのような人と接するだけでも自分の見える世界は大きく開けてくるはずである。よって、確実な経済的投資は「英語」といえるが、人生の豊かさへの投資は、実は次の「もう一つの言語」になるのかもしれない。ぜひ挑戦してみよう。